交通事故で突然記憶を失ってしまった志村朔美、27歳。失ってしまった10年分の記憶に隠された残酷な過去。
しかし記憶を失くしたことを楽しむ彼女の明るさは、10年という時を遡ってしまった17歳の朔美。
無邪気な彼女は、自分の過去と向き合うことで苦しみ、葛藤し、そして自分を見つめ直し、再び27歳の朔美へと成長していく。

透明感溢れる映像で綴られる本作は、オール秋田ロケで撮影された。
原作・脚本は、デビュー以来一貫して恋愛をテーマに男女の
関係性を描き続ける小説家・狗飼恭子の同名小説(幻冬舎文庫刊)。
メガホンをとったのは、『天国はまだ遠く』(出演:加藤ローサ
徳井義実)以来5年ぶりの長編作となる長澤雅彦監督。
また、『ニューヨーク、アイラブユー』『ヴァンパイア』
などの監督作品で世界的に活躍している岩井俊二が、
自らの作品以外で初めて長編劇場映画の音楽を手掛けて
いることも大きな話題となっている。
主人公・朔美を等身大で演じきったのは、
映画『夢売るふたり』やドラマ「dinner」(CX)など話題作で
注目を集める、倉科カナ。
共演には、中野裕太・伽奈・清水くるみ・六角精児、
徳井義実(チュートリアル)・岡田奈々など多彩な俳優陣が顔を揃えた。

志村朔美(倉科カナ)、27歳。交通事故で記憶障害が
起こり、10年分の記憶を失ってしまった。
頭の中だけが17歳に逆戻りしてしまった朔美は、
自分の周辺で突然起こった変化に戸惑いながらも、
その状況を楽しんでもいた。それでもやはり、10年の
《失われた》出来事が気になり始め、恋人と思われる
細見良彦(中野裕太)や、高校時代の同級生で、今は
性同一性障害のため男の子になりかけている大島薫
(伽奈)に助けられながら失われた記憶を辿り始める。
17歳の朔美にとって見覚えのない鍵、半分だけの絵、
そして10年分の写真の束…。
記憶をたどりながら明らかになる不可解な事実――。
果たして、失われた記憶は、27歳の朔美に
どんな未来をもたらすのだろうか‥‥。